読んだ本でもキロクしておこうかな。。
主に通勤の時に読んでます。。 ある意味現実逃避??
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊坂幸太郎
久々の新作。。
と言っても今となってはちょい時期はずれな話だけど。。
短編集。。
でも本音言えば長編が読みたかった。。

この本は最初に読んでも面白い!!
けど何冊か伊坂作品読んでからのほうがさらに面白い!!
…と思います。。
伊坂作品って登場人物が別の作品でリンクしてたりするから。。
理由はそれだけなんですけど。。

ちなみにこの本、都内他どこの本屋に行っても初版本ばっかり。。
実はあんまり売れてないのかな??
それとも初版大量に刷りすぎたとか??
分かりません。。

関係ないけど「オーデュポンの祈り」の単行本って
絶版でやたら高いプレミアがついてます。。
この本も初版が売ってる今の内に買っておけば、
そのうちにプレミアがつく…かもしれません。。
スポンサーサイト
伊坂幸太郎
特に始まりと終わりは最高。。

いろんな意味で一言で幸福な家族だとは言えないけれど、
それでもあんな家族だったらうらやましいな。。
そんな思いにさせられました。。


陣内

やはり「いい味」が出ていてるキャラがいる
伊坂ワールドはイイ。。

主役、脇役関係なく。
今回は陣内につきると思います。。

ただ個人的には鴨居クンの活躍も
もうちょっと見たかったかな。。


両方とも文庫版も出た事だし、今読まないと後悔するんじゃない??
ってのはちょっと言い過ぎかな。。


伊坂幸太郎
熱い!!

シビアでつらい出来事もあったけど
それを結果的に前向きなところにもって行くところなんてもう最高!!

非現実的ではなコト?を現実的に見せる演出にも脱帽。。

まだまだ文庫本にはならないけど、文庫本になるまで待つのはかなりもったいない。。
今すぐ読んでほしい!!

個人的には西嶋が羨ましかった。。
伊坂幸太郎
「はやり?」って聞かれたら、「そうです」って答えるしかないのかな。。
とにかく今が旬でしょう。。
しかもはずれなし。。
どこから入ってもいいんじゃないでしょうか。。
最近は何冊か立て続けに文庫化されてるし、
新しく文庫本になったやつから入っていくのも、かなりいいと思います。。
どれを選んでもはずれは無いと思うので、
完全に個人的な好みにになっちゃうんですが。。

一番すきなのはこれ。。


入りやすさで選ぶならこれ…かな。。


ちなみに他の著作も全部オススメです。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。