読んだ本でもキロクしておこうかな。。
主に通勤の時に読んでます。。 ある意味現実逃避??
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森見登美彦
2作品連続で読んでみました。。

Q.ラブストーリーですか??

A.謎でした。。


普通にあらすじそのまま辿ったら、なんか痛い人達の話になっちゃいそう。。
いつの時代なんだか良くわかんない時代背景は、
本作でも遺憾なく発揮されてます。。
こっちの方が先だから、むしろ原点と言うべきなんでしょうか。。
多分現代を描いた小説だとは思います。。多分…

ほんわかとしたラブストーリー的なものを期待して読むと、
100%期待を裏切られます。。
おバカな話だと思って読みましょう。。
最初から最後までほぼおバカです。。
おバカ中にほんの少しの「ほんのり」が埋まってます。。

やっぱり世の中は一番大きい事なのかな??
上手く行っても、行かなくても、が欲しくなっちゃいます。。
まぁ上手く行くに越した事は無いんだけど。。

に最近全然縁が無い人、そんな人は特に共感できるかも。。
かなり残念な事に私は共感できました。。


共感できない幸せな人?は笑い飛ばして読めると思います。。
とりあえず早く笑ってこの本を読み飛ばしたい心境です。。

太陽の塔はちょっと遠いから、東京タワーでも見に行ってこようかな。。
誰か一緒に行ってくれる人がいればの話ですが…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
伝説のクラッシュ
クラッシュの検索サイト。クラッシュバンディクー、映画、症候群、クラッシュバンディクー3、ブルーなどクラッシュに関する各種情報をお届けしています。 http://fascist4.portocallrestaurant.com/
2008/11/26(水) 05:11:41 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。