読んだ本でもキロクしておこうかな。。
主に通勤の時に読んでます。。 ある意味現実逃避??
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三浦しをん
村川さん…

村川さんの事を身近な人達が語った連作集。。
「私が語りはじめた彼は」よりも「私達が語り終えた彼は」と言う感じですか。。
いろんなジャンルが1冊で楽しめる、お得?な1冊です。。
今まで三浦しをんさんを読んだ事がない人でも、
どれかひとつくらいははまります…と思います。。
個人的には「水葬」が一番お気に入りでした。。

でも村川さんなんですよ。。
多分彼が主人公でしょう。。
いい人なのか悪い人なのか、結局よく分からなかったですけど、
それは私の理解力の弱さ故。。
でもそんな理解力の弱い私にも言えることはあります。。
「村川さん、もうちょっとしっかりしようよ。。」

身近な人にいろいろと影響与えているみたいですが…
その割りに影が薄いって言うか、なんか不思議な感覚。。
身近ににあんなが人いたら、どうなんでしょ??
あんまり嬉しくはないかもしれません。。
でもちょっと離れた関係だったら??
あまり気になるタイプではないかもしれません。。
かなり微妙なんですよ。。あの存在感が。。

読んだ後の正直な感想。。
ものすごく不思議な気分。。
もちろんいい意味で。。
…なんて付け加えるとますます良くわかんないですけど。。
とにかく不思議な物語でした。。
リアルな日常を語ったファンタジー??
言ってる事わかんないですよね??
言ってる本人もよく分かりません…


こちらの方はかなり分かりやすいと思います。。
ほんのり暖かいお話です。。



スポンサーサイト

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
モダンなごみ箱デザイン
ごみ箱の検索サイト。復元、消えた、アイコン、分別、削除などごみ箱に関する各種情報をお届けしています。 http://curriculum.tallmadgetitans.com/
2008/11/14(金) 04:54:53 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。