読んだ本でもキロクしておこうかな。。
主に通勤の時に読んでます。。 ある意味現実逃避??
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
瀬尾まいこ
結構辛口でした。。

今回の作品は結構辛口でした。。
なんかいじめの場面とかもリアルな気がします。。
ほんわかムード期待して??読んだらかなりの違和感がありました。。

最後の最後で、まぁ救われるんですけど、
読んでいて辛くなってきました。。
自分にはあんな風にいじめに会った経験は無いですけど、
もしあんな経験していたら…
そう思うと怖かったです。。

自分だったら教室には行けないな。。
保健室にも行けないです、きっと。。
引き篭りになってしまうと思います。。
でも結局社会に出ても変わらないんですけど…

瀬尾まいこさんのもう別の一面を垣間見た気がしました。。
読む順番間違えたかな??
もっと最初に読むべきだった気がします。。

温室デイズ 温室デイズ
瀬尾 まいこ (2006/07)
角川書店

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
脊髄でダイエットに挑む
脊椎(背骨)の中心を通る脊柱管の中にある神経の道すじで、脳の下端から背骨の下方までのびている http://nsurance.sabellsenterprises.com/
2008/11/02(日) 22:42:46 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。